鮮度が命!「コーヒー豆」を上手に保存する2つのコツ

コーヒー豆 保存

 

コーヒーが大好きな人は、自宅でコーヒー豆を使って飲んでいる場合も多いのではないでしょうか。

 

コーヒー豆から淹れたものは味わい深く、とても美味しい仕上がりになります。

 

しかしながら、コーヒー豆は鮮度が命。

 

保存方法には細心の注意を払わなければなりません。

 

今回はコーヒー豆の保存方法について紹介します。

 

 

コーヒー豆を上手に保存する2つのコツ

 

コーヒー豆 保存

 

コーヒー豆を保存するときに覚えておきたいのが「美味しさを一定には保てない」という点です。

 

コーヒー豆は、専門店の間では肉や魚のような生鮮食品と同じだと考えられています。

 

つまり鮮度が命で、香りや味わいはすぐに消えてしまうのです。

 

豆を保存できたからと言って、その新鮮な味わいがそのまま楽しめるのかと言えば決してそんなことはありません。

 

スポンサーリンク

コーヒーの利尿作用がもたらす2つのメリット・デメリット

 

保存はあくまでも「この期間なら飲める」という程度にしか過ぎません。

 

本当に豆本来の味わいを楽しみたいのであれば、すぐに飲める分だけ購入するなどの手間が必要になるでしょう。

 

それでは、ここからは本格的な保存のコツについて紹介してまいります。

 

 

1.コーヒー豆が新鮮かそうでないかを見分けるコツ

 

コーヒー豆 保存

 

新鮮なコーヒー豆か、保存をした後のコーヒー豆なのかを見分けることは素人でも簡単です。

 

一番の方法は、お湯をかけてみるということ。

 

新鮮なコーヒー豆にお湯をかけ、粉が膨らんできたら新鮮なコーヒーと判断できます。

 

もしコーヒー豆にお湯をかけても膨らんでこなければ、それは新鮮とは呼べない状態の豆になります。

 

ただし、膨らまないからといって、決して味が悪いわけではないことも同時に把握しておきましょう。

 

また、逆に膨らんだからといって、新鮮で美味しいという訳でもありませんので、合わせて覚えておいて下さい。

 

 

2.コーヒー豆専用容器に入れて保存するのがコツ

 

コーヒー豆 保存

 

コーヒー豆の保存で重要なのは、「専用保存容器」に入れることです。

 

専門店や、最近はネットショップで簡単に保存容器を購入することができます。

 

保存方法は、どの程度でコーヒー豆を使い切るかによって変わってきます。

 

もし1ヶ月以内でコーヒー豆を使い切ってしまうのであれば、冷蔵庫保存を。

 

スポンサーリンク

 

1ヶ月以上保存する場合には、専用保存器に入れてから冷凍庫保存を行います。

 

その際には、他の食品の匂いが移らないように注意しましょう。

 

また、保存容器を冷蔵庫などから取り出すときには、結露にも気をつけてください。

 

 

まとめ

 

コーヒー豆 保存

 

コーヒー豆の保存方法は、少し難しいと考えている人も多いでしょう。

 

保存時に専用容器が必要だったり、周囲の食材とは別にしたり手間がかかりますが、それだけコーヒー豆が繊細だということを表しています。

 

自宅で本格的なコーヒーを楽しみたい人は、是非保存方法を覚えておきましょう。

引き続き、「コーヒーの効果・効能」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「コーヒーの効果・効能」 人気記事ランキング


コーヒー豆 保存
コーヒーは健康に良い!カフェインを摂取する4つのメリット



コーヒー豆 保存
ダイエットにも効果的!コーヒーの凄すぎる4つの効果・効能



コーヒー豆 保存
コーヒーを飲みすぎると危険?カフェインがもたらす3つの悪影響



コーヒー豆 保存
ブラックコーヒーがダイエットに効果的な5つの理由



コーヒー豆 保存
コーヒー好きなら知っておきたい7種類の人気コーヒーはこれ!



コーヒー豆 保存
コーヒーを飲むと発症する頭痛…カフェインと頭痛の関係とは?



コーヒー豆 保存
コーヒーが便秘に効くって本当?カエフェインの「便秘解消」効果



コーヒー豆 保存
コーヒーを飲むだけで良い!凄すぎる4つの効果・効能



コーヒー豆 保存
インスタントコーヒーを美味しく飲む4つのテクニック



コーヒー豆 保存
鮮度が命!「コーヒー豆」を上手に保存する2つのコツ



コーヒー豆 保存
コーヒーで体調不良に!もしかしたらコーヒーアレルギーかも



コーヒー豆 保存
コーヒーを飲むと口臭がキツくなる4つの原因



コーヒー豆 保存
コーヒーの利尿作用がもたらす2つのメリット・デメリット



コーヒー豆 保存
コーヒーが風邪に効く4つの理由!頭痛と発熱を抑えてくれる?



コーヒー豆 保存
コーヒーが劇的に美味しくなるおすすめミルク4選



コーヒー豆 保存
缶コーヒーに含まれているカフェイン量の秘密とは?



コーヒー豆 保存
コーヒーがダイエットに効果的な4つの理由



コーヒー豆 保存
コーヒーの酸味に隠された4つの特徴!生豆と焙煎後の違いとは?